EVERLAND

群馬でネット輸入ショップEVERLAND を営むライトヲタ店主のブログ

映画「コーヒーが冷めないうちに」感想

スポンサーリンク

f:id:nako_ita2018:20181005002127j:image

予告で観た喫茶店の雰囲気が良くて、気になっていたので観てきました。

4回泣くというキャッチコピーだったけれど、私は2回だった(笑)。

ま、人それぞれということで(笑)。

 

coffee-movie.jp

 

〜あらすじ〜(公式サイトより引用)

時田数(有村架純)が従兄(いとこ)で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。

 

1. 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。

2. 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。

3. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。 コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。

4. 過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。

5. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

 

「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」

今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。


アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。


若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。


故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。


過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。

 

どんなことをしても現実は決して変わらない。
それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。
そこで彼らを待っていたものとは?
そして、主人公・時田数に隠された真実とは?

-1杯のコーヒーが冷めるまでの、
ほんの短い時間でも、人生は変わる-

 

 

まず、ストーリーのテンポの良さが素晴らしく、最後まで飽きずに観ることが出来た。

私は2本に1本くらいは中盤飽きてしまい、終わったら何食べようかなあとか集中できなくなるタイプなのだが、

この「コーヒーが冷めないうちに」は4つの物語がオムニバス形式風に進んでいくのもあって、最後までかぶりつきで観てしまった。

 

仮面ライダー電王」で佐藤健さんのお姉さん役だった松本若菜さんが出てたのですが、ものすごく良い女優さんになられていた。

10年以上経ってるから当然とはいえ、あの頃は本当に新人!って感じだったのですが、本当に化けましたねー!

すげーテンション高い役をナチュラルに演じてて違う女優さんみたいでした。

 

余談ですが、有村架純さんの相手役の役者さんは伊藤健太郎さんというお名前だと、失礼ながらエンドロールで初めて知った。

声ヲタなので「イトケンと同姓同名じゃん!」とびっくり(笑)。

伊藤健太郎さんていう声優さんがいらっしゃるのですよ。実写版タートルズのレオナルドの吹替やってる方です。

 

吉田羊さんの役のが経営してるカラオケスナック、行ってみたいなー。エスニックで素敵なんですよ。

でもおでんとか出してるのがまた良い。

 

ちょびっとミステリ的な要素もあるので、いちばん良かった部分には言及しませんが、

それぞれの登場人物に感情移入できる、暖かいハッピーエンドの物語でした。

優しい気持ちになれました。観てよかった。

 

おお、もうこんな時間だわ。

おやすみなさいませ。